クレジットカードの現金化は違法?

クレジットカードの現金化は違法?

 

クレジットカードの現金化というのは、明らかに違法です。これはまさしく、客の需要に応じた商行為で、実質的には貸金業に該当するという見解があります。
関係省庁は、クレジットカード現金化は違法として取締に動いています。

 

しかし、今でもクレジットカード現金化業者は、はびこっていて、大都市の駅前で堂々と立て看板を掲げて、勧誘を行っています。

 

クレジットカードの現金化は、クレジットカードで現金化すると謳い、クレジットカードのショッピング枠により、商品を購入させ、それを業者が買い取ることで消費者に現金が渡る仕組みになっています。

 

特に最近は、消費者にキャッシュバック付商品をクレジットカード決済で購入させ、購入した商品とともに現金を渡すキャッシュバック方式による手口が急増していて問題になっています。

 

クレジットカード会社は、換金を目的としたクレジットカードの利用は認めておらず、それは会員規約にも明記されています。

 

そうした行為は、規約違反であり、カードの利用停止や、カードの強制退会などのペナルティを受けることになります。

 

クレジットカード現金化は、クレジットカード契約に違反する行為で、思わぬトラブルに巻き込まれるおそれがあるので注意が必要です。

サラ金の審査が甘いとこなんてない!大手で安心のカードローンがおすすめですよ

 

中小の名前も聞いたことが無いサラ金だから審査が甘くて借りやすいなんてことはありません。やっぱり、借りるときは誰でも名前くらいは知っているような大手のカードローンが安心です。サラ金というと、サラリーマンが借りる金融という意味であって、闇金とは違います。

 

消費者金融には、登録番号というのがあって登録貸金業者情報検索サービスというのを使って健全に経営している業者なのかある程度調べることは可能です。しかし、大手のカードローンならそんな検索をしなくても法を順守した健全な経営を行っています。

 

初めてお金を借りるときには、「自分は安月給だから無理じゃないか」、「パートやアルバイトだから無理じゃないか」と思う方もいると思います。大手のカードローンは、給料が高くなくても毎月、決まった収入があれば融資をしてもらえる可能性が高いですよ。

 

自分に収入が無くても旦那さんが安定した収入を毎月得ているなら、銀行カードローンの融資が下りる場合も多いです。消費者金融のカードローンは、即日融資がとても魅力的で当日か翌日には借りられるかどうかが分かるのが良いですね。一方、銀行カードローンの場合には、消費者金融と違って貸金業法という法律の縛りの範囲外です。

 

ですから、収入の1/3の枠にとらわれずに融資をしてもらうことができるので、消費者金融で借金があってもまだ可能性はあります。
もし、闇金と呼ばれるような法外な金利を取るようなところから借りてしまうと本当に返せなくなって違法な取り立てに合うのでやめましょう。

2ページ表示

#サイト名PRリンク